陥入爪・巻き爪の治療

Dr.schollホームページより

陥入爪とは

爪(特に足の親指の爪)の角が周囲の皮膚に食い込んで炎症を起こした状態です。ひどくなると周囲の皮膚が化膿したり、食い込んだ部分が肉芽といって赤いジクジクした塊となって盛り上がった状態になることがあります。

原因としては爪の切りすぎ(深爪)によって、爪の角が皮膚に食い込むことが第一に考えられます。また、外傷(足を強く踏まれた、ぶつけた、物を落とした)によっても起こることがあります。後述の「巻き爪」と嵌入爪が合併することもあります。

当院で行っている陥入爪の治療

1.テーピング法

食い込んでいる皮膚を爪から引き離すようにテープで引っ張り、食い込みをなくす方法です。自宅でも簡単にできますので、資料をお渡しして説明いたします。

2.コットンパッキング法

爪の食い込む部分の下にコットンを挿入し、爪が皮膚に直接食い込まないようにする方法です。最初は挿入するときに痛みを伴うことがありますが、慣れると自宅で簡単にできます。資料をお渡しして説明いたします。

3.ガター法

局所麻酔をして行います。食い込んだ爪と皮膚の間にチューブを入れる方法です。爪の食い込みがなくなるので痛みが改善します。

4.手術療法

爪のわき(食い込んでいる部分)を根元からまっすぐ切除する方法・・局所麻酔をして行います。爪の食い込みがなくなるので、痛みが改善します。ただし、しばらくすると切った部分の爪がまた伸びてきます。新しく伸びてきた爪は食い込まない場合も多いですが、再度食い込んでしまう場合には次のフェノール法という根治術を行う場合もあります。

フェノール法・・局所麻酔をして行います。爪のわき(食い込む部分の)を根元から切除した後、その部分の爪が今後生えてこないように、爪母という爪のもとをフェノールという薬品で腐食します。爪の食い込みがなくなるため、痛みが改善します。ただし、フェノール法の欠点として、爪が細い形になってしまうこと、爪が横に傾くなどの変形を将来的に起こす可能性があることが挙げられます。

5.その他

巻き爪を伴った陥入爪の場合には、巻き爪の治療により痛みが改善することがあります。巻き爪の治療法を参照ください。

巻き爪(弯曲爪)とは

爪(特に足の親指の爪)が過度に内側に向かって彎曲した状態です。陥入爪(前述)を伴う場合が多くあります(つまり、彎曲した爪の角が皮膚に食い込んで痛くなる状態です)。

原因として、足に合わない靴を履くこと、深爪、外反母趾、寝たきりや指の力が衰えて足の指に力がかからなくなること、などが挙げられます。

当院で行っている巻き爪(弯曲爪)の治療

1.爪クリップ

爪の先端にクリップを取り付け、巻いた爪を広げる方法です。自分で簡単に取り付けたり外したりできるため、便利です。軽度の巻き爪の矯正に適しています。



2.弾性ワイヤー

爪の先の方の両端に穴をあけ、弾性ワイヤーを通して固定します。矯正力が強いので、しっかり爪を広げたい方に適しています。爪が厚い方・非常に硬い方・短い方・爪が脆くなっている方は取り付けられない場合があります

3.巻き爪マイスター

ばね状の矯正具を爪の先に取り付けて矯正する方法です。矯正力が強いので、しっかり爪を広げたい方に適しています。爪が厚い方・非常に硬い方・短い方・爪が脆くなっている方は取り付けられない場合があります。

4.コレクティオ

2本のワイヤーを爪のわきに引っ掛け、中央で引っ張り上げる方法です。爪の短い方でも装着できます。弾性ワイヤーや巻き爪マイスターは爪の先端のみ広げるのに対し、コレクティオはもう少し奥から爪を広げる方法です。