手術について

当院で行う手術は、すべて局所麻酔手術です。局所麻酔の注射を内、痛みの感覚がなくなってから手術を行います

手術までの流れ

①診察時に医師と相談をし、手術を受けるかどうか決めていただきます。手術を受けることに同意された場合には手術同意書に記載をお願いします。

②術前に感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒)のための採血を行います。

なお、切開排膿術など緊急で行う手術に関しては、事前の感染症検査を行わないで施行する場合があります。

③手術日の予約を入れさせていただきます。

ご都合が悪くなった場合、手術予約を取り消す場合にはお早目にご連絡をお願いいたします。

当院で手術を受けられるのは原則中学生以上の方とさせていただきます。

術前感染症検査の目的血液、体液に暴露する機会の多い手術時における院内感染対策を行うためです。

術前感染症検査を行う際の患者さんのメリット:B型肝炎、C型肝炎、梅毒などに感染していないかどうか確認する機会は滅多にないと思いますが、術前検査でこれらの確認をすることができます。もしこれらの感染症にかかっていても自覚症状がないため気付かず、術前検査等で偶発的に発見させるケースが増えています。もしこれらの感染症にかかっていた場合に早期に発見し治療を受けられるというメリットがあります。